山下澄人 - HayariNews

注目最新ニュースキュレーションサイト

山下澄人

第156回芥川賞を山下澄人氏の「しんせかい」が受賞


朝日新聞

三島由紀夫の声、大人の声に聞こえない 山下澄人さん
朝日新聞
朗読の音源を再生しようと「△」のマークをさわると突然奇妙な叫び声が聞こえて間違えたのかとあわてて消した。 聞き直して叫び声は剣道の気合だとわかった。剣道はどうしてああした声を出すのだろう。新撰組の局長だった近藤勇は斬り合いするときあまりに大きな声で気合を ...


芥川賞に決まって 山下澄人 小説と演劇がつながる場所
産経ニュース
ぼくはいくつかの小説を自分で朗読してそれを録音したり撮影したりしたのだけど、それを聞いたり見たりした人から「山下が読むのを聞くと山下の小説が大変よくわかる」と何度かいわれた。字を読んでいたときにはわからなかったことがぼくの声で聞くとするすると入って来たのだ ...


読売新聞

『しんせかい』 山下澄人
読売新聞
故郷から遠く離れた演劇塾を目指し船に乗った十九歳の「ぼく」=「スミト」。自然豊かな北の大地の【谷】にあるその塾で、塾生たちと共に馬の世話や農家の手伝いをしながら主宰の【先生】に演劇を学ぶ一年の出来事が、回想のようなかたちで語られていく。 設定は著者の経歴に ...


エキサイトニュース

芥川賞作家・山下澄人が語る 恩師、倉本聰に学んだ日々
エキサイトニュース
自身の富良野塾時代の経験を元にした青春小説「しんせかい」で芥川賞を受賞した山下澄人さん(51)が、恩師・倉本聰さんとの秘話の数々を、「文藝春秋」3月号のロングインタビューの中で明かした。 山下さんは高校卒業後、たまたま自宅に誤配された新聞に挟まっていた「塾生 ...


神戸新聞

芥川・直木賞贈呈式 山下さん独特表現で自己評価
神戸新聞
第156回芥川賞・直木賞の贈呈式が23日、東京都内のホテルで開かれ、「しんせかい」の山下澄人さん(51)=神戸市灘区出身=に芥川賞が、「蜜蜂と遠雷」の恩田陸さん(52)に直木賞が贈られた。山下さんは受賞作について「つかみかかられるようなものはない。と言いたい ...
芥川賞と直木賞の贈呈式NHK
直木賞受賞の恩田陸氏「遠い所まで走りたい」日刊スポーツ
第156回芥川、直木賞贈呈式愛媛新聞
北海道新聞
all 12 news articles »
戻る