恩田陸 - HayariNews

注目最新ニュースキュレーションサイト

恩田陸

第156回直木賞を恩田陸氏の「蜜蜂と遠雷」が受賞


毎日新聞

「仙台は私の古里」 恩田陸さんに「賛辞の楯」 市役所訪問 /宮城
毎日新聞
小説「蜜蜂と遠雷」で第156回直木賞を受賞した作家の恩田陸さん(52)が24日、仙台市役所を訪れ、奥山恵美子市長から「賛辞の楯(たて)」を受け取った。 恩田さんは中学1~2年まで同市立五橋中に在籍。本籍がある同市には現在も度々帰省しているという。 奥山市長は ...


dot.

恩田陸 最新長編『錆びた太陽』の原体験はあの臨界事故
dot.
青春群像劇、SFからミステリーまで、幅広いジャンルを得意とする恩田陸。新作では、現実社会を彷彿とさせるディストピアをユーモアを交えて描いた。 * * * 「本の刊行はローカル駅、文学賞はターミナル駅のよう」──。 ピアノコンクールを舞台にした青春群像劇『蜜蜂と遠雷』 ...
<直木賞>恩田陸さんに仙台市が賛辞の楯河北新報

all 2 news articles »

http://spice.eplus.jp/

恩田陸らのサイン本の抽選販売も 『みんなここから始まった! 処女作フェア』が開催に
http://spice.eplus.jp/
2017年4月1日から4月30日まで芳林堂書店全店(コミックプラザを除く)にて、『みんなここから始まった! 処女作フェア』が開催される。小説家たちの作品を“処女作”という切り口で集めたフェアとなっている。 さらに、本フェアの開催を記念して、人気作家のサイン本抽選販売も ...

and more »

『失われた地図』恩田陸著 新直木賞作家のもう一つの顔
福井新聞
今年の一月、『蜜蜂と遠雷』で第156回直木賞を受賞した恩田陸さん。 ピアノコンクールに挑む天才たちを描いた受賞作の、瑞々しく豊穣な世界にうっとりされた方も多いと思うが、受賞後第一作となる本作は『蜜蜂と遠雷』とは真逆と言っても過言ではない程、ダークでヘビー、そして ...

and more »

エキサイトニュース

辻村深月「ずっと恩田陸さんのような作家になりたかった」
エキサイトニュース
90年代に青春を送ったミステリ好きで作家志望の女子――つまり私のような人間にとって、おそらくは共通していたことがある。 それは、「恩田陸のような作家になりたい」ということ。少なくとも、私の周り、大学時代に知り合ったミステリ研究会関係の仲間の間では、恩田さんの名前 ...

and more »
戻る