恩田陸 - HayariNews

注目最新ニュースキュレーションサイト

恩田陸

第156回直木賞を恩田陸氏の「蜜蜂と遠雷」が受賞


2017年5月19日(金) 直木賞本屋大賞 恩田陸さん 母校同窓会メッセージ
茨城新聞
小説「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)で直木賞と本屋大賞に輝いた恩田陸さん(52)が、母校、県立水戸一高の同窓会誌「知道会報」にメッセージを寄せている。青春時代を過ごした学びやを「鳥の巣のようなところ。自由で放し飼いの雰囲気を残しつつも、守られている感じ」と表現。在校生や ...

and more »

エキサイトニュース

本屋大賞と直木賞をW受賞した恩田陸が新作小説でナショナリズム批判 ...
エキサイトニュース
恩田陸が小説を通して批判する「ナショナリズム」と「戦争」『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)が直木賞と本屋大賞をダブル受賞するという史上初の快挙を成し遂げ、恩田陸に注目が ...

and more »

週刊女性PRIME [シュージョプライム]

眞子さま、学習院女子高等科時代に有志で作ったホラー映画の中身とは ...
週刊女性PRIME [シュージョプライム]
天皇・皇后両陛下の初孫としての期待を背負いつつ、自由も満喫されてきたプリンセス。学習院の友人たちが、知られざる秘話を明かしてくれたーー。

and more »

産経ニュース

今まで読んできた本を全部見られたら…恩田陸さん「蜂蜜と遠雷」を早く読まねば
産経ニュース
総局の隣の文化部にいる先輩から本を拝借することがある。「あんた、はよ返しぃや」と言いながらも許してくれるので、ありがたく借りていくのだが、忙しさにかまけて、借りたまま読まずに会社の本棚に並んでいることもある。直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸さんの『蜜蜂と ...


インフォシーク

本屋大賞と直木賞をW受賞した恩田陸が新作小説でナショナリズム批判! 「東京オリンピックが決まって、すごく嫌な気持ちに」
インフォシーク
ミステリー、青春小説、SFなど、幅広い作風でおなじみの恩田陸だが、今回の作品は、国際ピアノコンクールを舞台にした青春群像劇の『蜜蜂と遠雷』とは一転、ナショナリズムが跋扈する現在の日本を風刺する小説だ。 この物語は、特殊な能力をもった遼平と鮎観という元夫婦の ...

戻る